Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/79-a413c00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

札幌・小樽の旅

札幌と小樽に行ってきました。
福岡空港を定刻に離陸して順調なフライトで、新千歳空港に
近づくにつれ、雪化粧された山々が見えてきました。あの高い山は
羊蹄山って思って見ていると苫小牧の街が見てきてすぐに着陸となりました。
空港から札幌に向かう電車の中は暖房がききすぎて大変暖かく、
汗が出るほどでした。

小樽行き
2日目の午後から小樽へ向かった。北の海は波も荒々しく、とても寒いように
感じたが、こんな中サーフィンをしている人達がいた。
驚くね~寒くないのかね~


小樽駅
小樽駅に着いたが、ここ小樽もあまり雪が無かった。寒さもそれほどでもない。


小樽運河1
小樽運河2
さっそく小樽運河沿いを散策。顔に冷たい風が当たるのが心地よい!

小樽港から
小樽港から望遠で遠くの山々と走行中の船を撮る。ここは石狩湾、北海道は広いね!

段々と暗くなってきたので小樽の街中を散策することにした。
自分の中では、小樽と言えばスイーツ、ガラス工芸、ワイン、寿司、・・・今回はスイーツ
北海道のスイーツと言えば、白い恋人(石屋製菓)が真っ先に思い出すが、ROYCE(ロイズ)
のチョコレート、六花亭のマルセイバターサンドとストロベリーチョコ、小樽あまとうのマロン
コロン、菓子司新谷のふらのの雪どけチーズケーキ・・・・とまだまだ有名なスイーツは沢山
あるでしょうが、今回注目しているのはLeTAO(ルタオ)のチーズケーキ”ドウーブルフロ
マージュ”です。このルタオ本店が小樽にあるので早速行ってみた。

ルタオ本店
ルタオ本店です。この位置から見ると教会かと思った。

ルタオ パトス
ここはルタオ パトス、ここら辺にはルタオの店が沢山あるが、どこも人で込み合って
いた。人気ぶりがうかがえるね! ドウーブルフロマージュは冷凍しているので、これは
空港で買う事にした。

ホワイトチョコ
そこで近くにあるルタオの別の店(ルタオ ル ショコラ)に入ってチョコレートを
試食させてもらったら、このホワイトチョコレートに感動してさっそく購入。
クール宅急便で送ってもらった。このチョコレートには完熟ナイアガラのワインが入って
いて、口の中に入れるとこのワインの香りが口いっぱいに広がってきて感動ものだ!!
※実際職場の人たちに食べてもらったらみんな感動して、通販で買おうっと言っていた。
 そのくらい美味しい!
自分はこの完熟ナイアガラのワインは何度か小樽バインから取り寄せているので、この
香りは知っていたけど、やはり感動ものでした。

もう少し小樽の街を散策して、小樽バインに行こう!

小樽オルゴール堂
小樽オルゴール堂

オタルカン
オタルカン・・・中に入った事はないが、万華鏡ギャラリーって書いている 

日銀旧小樽支店資料館
小樽バインのななめ前にある、日銀旧小樽支店資料館です

お腹もすいた事なので、小樽バインで食事をする事にした。

小樽バイン
これが小樽バインでワインを飲みながら食事ができます。もちろんワインも購入
できます。
 小樽バイン
>1996年(平成8年)に一部を飲食店に改装し、「ワインカフェ & ショップ 小樽バイン」として
>営業を開始した。バインはワイン (Wine)のWを中央バス (Chuo Bus)のBおよび銀行 (Bank)の
>Bに変えた造語で、ドイツ語でワインを差すWeinの意味も持っている


小樽バインステーキ
小樽バインの様子
小樽バインではステーキセットと完熟ナイアガラのグラスワインをいただきました。
グラスワイン・・・410円でした。まだ午後5時ごろだったので客もあまり
いなかったのでゆっくり味わって食べる事ができたのが嬉しい。

帰りは小樽駅から札幌行きの高速バスで帰る。時間は電車よりかかるがゆったりしている
し金額も安い。

雪の札幌
さて、帰る日は昨日とは打って変わって札幌は白銀の世界となっていました。


雪の新千歳
雪の新千歳2
雪が降っているのでちょっとハシャギ気味で、楽しく思っていたのもつかの間
でした。新千歳空港に行ってみるとガックリ!
どの便も搭乗手続を一旦中断していました。いつ再開されるかわからない状況でした。
考えても仕方ないので、お土産を買うために空港内を散策しました。

メープルドウーブル
結局買ったのは搭乗する少し前でした。
>ルタオで人気NO.1のチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」に新作が登場しました。
>今回、シェフパティシエ外山がテーマにしたのは「深みのある甘さ」。素材に徹底的
>にこだわり、たどり着いたのはメープルシロップを煮つめて水分を飛ばしたカエデ樹液
>のシュガーでした。メープルシロップは通常40リットルのカエデ樹液を1リットルまで
>煮つめて作られます。このシロップをさらに長い時間と手間をかけて煮つめ、さらさら
>にしたシュガーはナチュラルな甘みと香りを濃縮した“結晶”ともいえる希少品です。
>そんなメープルシュガーをドゥーブルの下層に加え、最後の仕上げにまぶすスポンジク
>ラムにも使いました。ひとくち食べた瞬間、ぱっと広がる香ばしい風味。そして、とろ
>ける口どけの後に残る甘美な余韻・・・・。ぜひ一度、味わっていただきたい新作です。



チーズケーキ
チーズケーキセット
ドゥーブルフロマージュを売っている店を発見。ここでケーキとコーヒーのセットを注文
して食べてみた。う~ん、さすが人気No.1の事はあるな!
今までのチーズケーキは何だったのか?と思うような味と食感でした。
いつ搭乗できるのかわからないので、まだ買う事はできない。

JAL搭乗機
これは搭乗機

主翼の除雪
これは主翼や尾翼に付着した雪を除去する車です。これも初めて見ました。
雪国の空港は装備にコストがかかるな~ 皆さんご苦労様です!!

除雪車
滑走路を除雪するための除雪車。でかい!この除雪車は何十台を連なって除雪作業を
しています。さすが新千歳空港。初めて見ました。


さて機内に搭乗したのは30分遅れの14:30分。実際大した遅れはないものと思って
いました。滑走路に向かって動きだし、そろそろ離陸かと思いきや、機内放送で前の除雪から
一定時間が過ぎたのでこれから除雪作業をするとの事で、一旦滑走路から離れて待機してい
ました。ここからが長い、除雪してもしこなさないほどの大雪です。すでの2時間が経過。
札幌に戻るという客数名を降ろすに1時間ほどかかり、更に1時間待って合計4時間機内に
閉じ込められてようやく離陸!離陸した時には全員が拍手したぐらいホットしました。

ホットしたのもつかの間。30分もしないのにまた機長からお願いの機内放送があった。
JALの社内規定で、パイロットの勤務時間が一定時間を越えられないと言う事で、
急きょ羽田空港に降りることとなりました。ここで問題なのは離陸してからこの事が
発覚した・・・と言う事です。運行計画をする地上勤務者が怠慢なのか、あるいは
人手が足りないのかわかりませんが、パイロットはJAL上層部に掛け合って延長した
いと申し出たらしいですが、許可が下りなかった様です。安全第一という言い分は
十分に理解できるが、客の事はあまり考えていないと思えるJAL。・・・そう思った。
いつも大変なのは客の苦情に対処しなければならない客室乗務員とパイロットですか!
下の者だけが苦労させられる世の中です。
支配する側と支配される側、ソラの情報では人を支配するのが一番悪いと言われています。
お互い、人を支配するとはどういう事なのかと考えながら行動していきたいものです。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/79-a413c00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。