Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/78-db1eb3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピザ・パン工房(ピザパーティー)

先月、親戚一同で自宅裏にある石窯でピザパーティーをしました。
食材の仕込みは前日にして、当日はピザの生地作りから始めます。
 メニューの紹介
  1.ピザ
  2.カルツオーネ(キーマーカレー入り)
  3.タンドリーチキン
  4.焼き芋
  5.ローストビーフ
  6.焼きリンゴ
総勢19名のパーティー。自作のテーブルには座れない状態でした。
まずは、朝6時からピザ生地作りです。

1.粉振るいかけP1050700
小麦粉はイタリア産カプート社の強力粉1.2Kgを網でふるいにかけることから
始めます。

2isutoP1050701.jpg
次にスパイラルミキサーのボウルの中に水:685ccを入れ、その中に塩:36g
を入れて全部溶けてしまうまでかき回す。ドライイースト:2gを少量の小麦粉と
混ぜておく。

3.粉煉りP1050702
ミキサーのボウルをセットして、小麦粉の3/4を入れてミキサーを回
す。ある程度回したらドライイーストを入れる。残りの小麦粉を少しづつ入れて、約
20分間で完了。

4.一次発行P1050704
次に1次発酵させるために大きなボウルに入れて、湿ったタオルを上にかけておく。
待つこと約1時間。

5.二次発酵P1050714
次に、生地を250gで切れ分けてお餅の様に丸くして2次発酵させる。
ピザを焼く時間までに4時間あるので常温で1時間待って、一応冷蔵庫に入れた。

ここでパーティーの準備をする。テーブルやイスのセッティング。ピザを焼くための
具材や道具を揃えて9時半。そろそろ窯の火入れの時間となった。
今回、新たにテーブルを製作しました。

6.新テーブルP1050708

7.新テーブルP1050707
テーブルを一回り大きくして、中央には焼肉・焼き鳥用の四角の七輪を置ける様に、
そして横には電気フラーヤーが入るところを作った。これは串揚げやフライドポテト
用です。使わない時にはただのテーブルとして使えるように蓋を作っています。

10.火入れP1050716
窯の火入れ開始。これから2時間、薪を燃やし続けます。


9.フライドポテトP1050717
そうこうしている内にみんなが集まってきたので、さっそく電気フライヤーで
フライドポテトをつくる。


11.ピザP1050719
窯の中の温度が400℃を超えたので、さっそくピザを焼きます。窯の中の
おきを左右に分けてピザの焼き床を作る。ピザソースは自家製、バジルも
自分で育てたものを使っています。初めは1~2分で焼けます。今日は6枚
のピザを焼いて、残りの生地はカルツオーネに使います。

12.カルツオーネP1050723
これがキーマーカレーの入ったカルツオーネです。餃子のでっかいバージョン!
丸いピザ生地を半折りにしてその中にキーマーカレーを入れます。縁は2重折り
にしてフォークでしっかり押させて、破れて中からカレーが出ないようにします。
これが絶品! とても美味しいです!

まだ窯の中の温度は280℃ほどです。これからタンドリーチキンを作ります。

13.P1050721
チキンが大きいので一回に4枚しか焼けません。前日から仕込んだチキンです。
皮側を20分、身側を20分焼きます。
これもやわらかくてとても美味しい!

14.焼き芋P1050725
さて次に焼き芋です。安納芋を手に入れたので焼いてみました。250℃で45分ほどかかり
ます。手で押させて柔くなっていたら出来上がり。中の色はは黄色でとても甘い芋です。
これも絶品!

温度も220℃ぐらいになったので、今度はローストビーフを作ります。


15.ローストビーフ前P1050722
肩ロースの肉のスジなどの余分なところを取り除いて直方体になるようにして、
タコ糸で形が崩れないようにします。タマネギとすりおろしニンニクをまんべんなく
塗ってラップで包むんで一昼夜寝かせます。焼く前に塩、こしょうをしてフライパンで
6面を焼き、肉汁が出ないようにします。トレイにタマネギを敷いて窯の中へ入れます。

NEC_0728.jpg
肉の中心温度が55℃になったら窯から出して、アルミホイルで包みます。
好き好きですが55℃がミディアムになる温度らしいです。
肉汁を元に戻すために1時間寝かせる必要があります。じっと我慢です!

さて最後のデザートは焼きリンゴ。

16.焼きリンゴP1050728
リンゴの芯をくりぬいて、そこにバターとシナモンとグラニュー糖を入れ、アルミホイル
で蓋をします。これを窯の中に入れて1時間ほど焼いたらこんな感じです。
柔らかい桃の様な食感とシナモンの香りのする焼きリンゴの完成です。
これは最高!! みんなも大絶賛でした。

ここまでして大変疲れました。自分は殆んど食べれなかったけどみんなが美味しいと
言ってくれたことが一番嬉しかったです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/78-db1eb3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。