Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/6-7226a018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八面山(和与石)、登山用GPS

 登山用のGPS(ガーミン コロラド300)の試運転を兼ねて、近くの八面山に登って
きました。登ったというより、ドライブです。この山はテレビ塔建設のために道路が整備
されているので、頂上付近まで車で登れます。
また山の名前の如く、どこから見ても同じ形に見えることから八面山と名づけられてい
ます。

  宇佐平野から八面山を望む
  web八面山CIMG0029

  国道10号線から八面山登山口を目指す。途中神護寺や八面山荘を通り、曲がりくねった
道をひた走る。展望所で少し休憩。ここから大池が見える。
この大池はその昔、堤防が決壊し、その麓にあった金色という村の家々が流されたと、祖母
から聞いたことがある。現在ではそこに金色温泉があり、宿泊施設もある。
   八面山金色温泉 こがね山荘 

 ちょっと不気味な池です。これが大池。
  大池CIMG0017

 展望所から更に車を進めて、神社の横を通り、テレビ等に到着。
このテレビ塔の近くと神社の近くには巨石が多く存在している。大きいもので十数mはある。
磐座とも言います。テレビ塔で少し休憩し、再び展望所へ戻って、気になっていた巨石を
見に行った。

  ここに看板がでている。和与石・・・・・云われのある巨石の様である。
  和与石看板CIMG0025
  この写真ではよくわからないが、三つの割れている様に見えた。セッタで行ったので
  写真を撮ってすぐ降りたためよく確認できず・・・・・・・
  和与石CIMG0026
  
  和与石 石上CIMG0028

 今回のルートと山の傾斜。少しは使い方がわかった様だ。電子コンパスも校正したし、
高度の校正もやった。今度は九重連山にて試すとしよう!
   
  国道10号線からのルート
  web八面山ルート

  山の傾斜
  web八面山高低


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/6-7226a018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。