Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/5-f1540013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天草(千巌山)・宮崎(日南・鵜戸神宮)旅行

 今回の旅行日記。
  1日目:天草の松島
      松島五橋のクルージング、千巌山の巨石群と頂上からの松島の眺望
      海上水族館
  2日目:天草→八代→鹿児島→指宿
  3日目:指宿→鹿児島→都城→宮崎市→日南
       宮崎県庁、鵜戸神宮、青島
  4日目:日南→自宅
 とまあ、こんなかんじで行ってきました。

 天草の松島に到着。まず天草五橋のクルージングで、しばし目の保養。
 第5橋?第2橋までの約40分間のクルージングでした。

  第2橋P1010263a
  第2橋
  第4橋P1010246a
  第5橋(松島橋) 一番色鮮やかでした。形式:鋼アーチ橋・橋長:177.7m(最大支間:126.0m)
  完成:1966年だそうです。

 クルージング後、眺望のいい千巌山に車で移動。駐車場に看板を発見。
 何やら巨石があるらしく、頂上まではさほど距離がない様なので、登ってみることにしました。

  千巌山看板P1010296
 駐車場にある看板

  巨石1P1010299
  巨石3P1010316
  巨石のと巨石の間に遊歩道がつくられ、大変整備されている。
  この写真だけではわからないでしょうが、十数mもある巨石です。

  割れ巨石2P1010304
  大きく割れた巨石

  千巌山から松島P1010310
  千巌山頂上から見た松島。曇り空で遠くがよく見えません。


  天草からフェリーで熊本の八代に渡り、そこから高速道路で一路鹿児島へ。あいにくの雨で
  桜島も見えず、指宿スカイラインは霧に包まれ、ノロノロ運転。やっと指宿に到着。今回は老
  舗の旅館に宿泊。玄関口には女将と仲居さん達が正座でお出迎え。さすが名旅館!
  料理は絶品の懐石料理。上品で美人の仲居さんが一品一品丁寧に出してくれたもの
  に舌鼓・・・・・・何と幸せな事か!景色は見えずとも満足でした。
 
  次の日も曇り空。頂上を雲ですっぽり覆われた開聞岳を左手に見ながら池田湖へ。
  イッシーはいないか?いるはずもなく、一路来た道を戻り、鹿児島から都城を通って
  宮崎市に入る。今や観光名所になった宮崎県庁を訪問。NHKのカメラマンが何やら
  ウロウロしている。・・・・???
  (夜のニュースで、事件があった事が判明)
  県庁を出発して日南海岸を通り、鵜戸神宮へ。途中、燃料が少ないのに気付き、大慌て。
  ナビを見てもガシリンスタンドのマークは無い。帰りのホテルまでの燃料が無い。引き帰そ
  うか迷ったが、たまたまそこに居たおじさんに聞いたら直ぐ近くにガソリンスタンドがあるとの
  事。こぞ天(ソラ)の助けです。無事うと神宮に到着。

  
   神宮P1010394
    
  神宮天井P1010405
  洞窟内にある鵜戸神宮本殿

  神宮前2P1010412
  本殿前の岩

  亀石1P1010393
  亀石と言われている。小石を注連縄?の中に入れると幸運になるとか、人々の意識を
  そちらに向けさせて、後述の岩に気づかないようにさせているようです
 
 この鵜戸神宮の洞窟には云われがあります。
 地球の謎解き?ソラからの伝言のサイトにはここ書かれています。

 以下、引用。
 
  人間の進化はイシカミが大きく関わっていると以前より何度も知らされています。
   (イシカミがいて座から降りてきた時は  “柔らかい山のよう”  だったので、その身体
   が柔らかい内にその一部から歯、膝関節、胃、 足、 口など、似たモノを作りその事をあ
   らわしていた。それが固まって岩になったという事です)

   鵜戸神宮の前の巨石は 「人間の身体をあらわした」 と言ってきました。
   http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/kyuu2004/
   (クリックすると拡大します)
   砂と石で岩の形を作り、歯*や内臓 (心臓*) をあらわしたそうです。
   (下記の左上写真参照)

  *)歯=下の方に小さな石が並んで歯のようになっている。
  *)左上の画像で頂上に丸い石が並んでいる下に、滑らかな滑り台のようなのが、
    大動脈と大静脈だそうです)

 宇宙から地球に降りて来て、別の物質になりたくない原子が砂になったそうですが、
 その砂に、 “もう一度形になって欲しい”  とイシカミの巨人が頼んだので形になった
 そうです。
    http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/kyuu2004/pict055....
   鵜戸神宮の洞窟は、イシカミである双石山の分身の巨人が作ったそうです。
   (検索をして見ると双石山の岩がオニの洗濯岩と同じ質を持つと判り驚きました)
   http://www.pmiyazaki.com/boroisiyama/
  その巨人の名前が “ウガヤ(ノ)フキアエ” で、 そのウガヤノの意味は分身から巨人が
  【生まれ (ウガ) 作られた岩屋の屋根を (ヤノ) 葺 (フキ) いて合 (アエ) わせた】
  と言う意味だそうです。
  (古事記の、ウガヤフキアエ (ズ) とは発音できない)

  洞窟の入り口や天井などは、確かに柔らかいうちに撫でて平らにしたように見えました

  

  鵜戸神宮から青島へ移動。
  ここのホテルに宿泊。朝青島を散策しました。鬼の洗濯岩を近くで見る事ができ、
  やはり地球の謎解き?ソラからの伝言のサイトに書かれていることは真実だと、
  強く確信しました。

  鬼の洗濯岩遠いP1010425
   鬼の洗濯岩・・・・・遠くから
  鬼の洗濯岩ウロコCIMG0052
   鬼の洗濯岩・・・・・近くから
   巨人の ウガヤノ・フキ・アエが、オニの洗濯岩を作ったとそうで、作ったというより、砂の原子
   にこのような形になるように指示を送った・・・という事の様です。
   実際に触ってみたら、やはり砂でできています。遠くから見ると硬い岩の様に見えるが、
   手で強くこするとボロボロになりました。

  石P1010446
   家に持って帰った欠片です。ひょっとして柔らかい時に指で押した?そんな痕がついて
   います。こすると砂になります。

   朝 青島CIMG0021
   ホテルから見た朝の青島

   ビーチCIMG0028
   朝、ビーチを散歩

   青島から宮崎市を通り一路帰路。走行距離1,100kmの旅行でした。
   巨石や、地球の謎解きサイトで紹介されて場所などを実際に自分の眼で確認でき、
   とても有意義な旅行でした。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/5-f1540013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。