Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C8] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/47-f9c74292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八面山の巨石群 その2

八面山(はちめんざん)はどの方向から見ても同じ様な形をしているので、
そう名付けられています。今回は山頂付近を廻ってきました。
登山口から車で頂上付近のアマチュア無線基地まで行って、そこに車を駐車し、そこから
歩いて巨石めぐりをしました。
ここには何度も来ていますが、山頂に上るのは初めてです。登山にしては物足りない高低差
ですが、断崖絶壁にある展望地からの眺望はかなりいいです。


八面山へP3253231
八面山へと続く道です。


登山口の看板P3253234
登山口にあった散策コースの看板。ここからは歩かずに車で車道を上がっていきます。

いばらくすると、大池が見えてきました。


大池P3253236
人工池の大池です。過去に堤防が切れた事があるそうです。この池の下に温泉があります。
金色温泉←ここをクリック

もう少し車を走らせて、アマチュア無線局前の空き地に車を駐車してここから頂上を目指す。

駐車P3253237
ここら辺に車を駐車。ここで登山靴を履いて頂上を目指します。ここにも巨石が存在。

車道を少し歩いていくとやっと頂上への登山道になる。ここからしばらく緩やかな坂道となる。
少し歩くを第1展望地に到着。

第一展望地P3253257
第1展望地です。大きな岩が見えます。今日は風が強く危険なんですが、眺望のよい岩に登ってみます。

第一展望地の巨石P3253243
これが第1展望地の巨石です。風が強くて危険だが上ってみないと何も見えないので、恐る恐る上ってみた。
下は断崖絶壁で下を見るとフラフラしてくる。

第一展望石の上から耶馬溪方面P3253253
第1展望から耶馬渓方面を望む。岩の上には立ってられない!

第一展望石の上からP3253245
同じく第1展望からの眺め、天気がよければ九重連山も見えるが・・・・

早々に引き上げ、第2展望地へと向かう。

第二展望地付近の巨石P3253262
第2展望地へ向かう途中の巨石群です。

山頂への道 巨石P3253302
同じく巨石群です。


第二展望地P3253263
第二2展望地です。大きな岩が張り出ていて、下は断崖です。


第二展望から耶馬溪方面P3253267
ここからの眺めです。

これから山頂を目指します。直ぐに山頂に到着。


山頂P3253312
山頂ってこんな感じ!

山頂から 由布岳P3253320
遠くに由布岳が見える

山頂からP3253316
山頂から稲積山P3253330
麻生の稲積山です。

この後、第3展望地を経由し、第4展望地へ。

第4展望地から山頂P3253339
第4展望地から、今通ってきた山頂を振り返る。

今津漁港P3253343
今津の漁港、ダイハツ九州などです。


宇佐平野P3253349
宇佐平野です
ここからは、中津・宇佐平野がよく見えます。

これから、小池を経由して駐車場へと戻ります。

小池P3253367


無線局P3253385
中津アマチュア無線局の基地です。

駐車場に戻るP3253386
駐車場に戻ってきた。

さあ、ここで朝食です。今日は弁当と鳥のから揚げとみそ汁、紅茶。
今日の昼食P3253387

寒いので、直ぐに撤退。ここから車で神社裏にある巨石群を見に行く。


箭山神社の裏手に巨石群がある。神社境内から見ると良くわからないが、現在歩道が整備されていて、
下から見るとその巨大さがよくわかる。

神社のご神体と言われている”鷹石”がまず眼に入ってくる。そんなに大きいとは思わないが、階段を
下りていくとその巨石群が表れてくる。・・・・・でかい!

鷹石P3253441
これが鷹石です。鷹のくちばしに似ている。

巨石群1P3253400
階段を下りてみると、でかい! カメラに収まらないので、柵を乗り越えて急斜面を下って別の巨石に
上って撮影した。本当にでかいです。


巨石群2P3253396
巨石群4P3253407



巨石群の上P3253415
この巨石群の上部。ここからの眺望もバツグン!

巨石群 側面からP3253430
一部を側面から撮影。急斜面にあるのがわかると思います。


スポンサーサイト

コメント

[C8] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/47-f9c74292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。