Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/42-2d26eb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八面山の巨石

2月19日に大分県中津市にある八面山に行って来ました。
ここには巨石が沢山あるんですが、初めて石舞台というところに
行きました。石舞台といえば奈良県の明日香村にある石舞台を
思い出しますが、それとは違って一枚岩の大きなものでした。


駐車場から少し上がっていくと見えてきました。でかい一枚岩。
遠くから石舞台P2193021


石舞台伝記が書かれています。
慶長元年(千五百九十六年)沖代平野一体に大干ばつがおきると、
恵みの雨を待つ農民が神社へ祈願し、この石を舞台に現在田口地区に伝わる神楽を奉納
したところ五穀豊穣に恵まれたといわれ、この名前がつけられた)


まあ実に怪しい!! このイシカミさんが人間のために力を尽くしてくれたので、イシカミさんが
固まって石になった後も人間達がいつまでも慕っていたのではないでしょうか。
後から時の権力者によって宗教に利用された? 
石舞台伝記P2193019
石舞台の大きさは
 縦:19.3m 横:13.0mでその面積は250.9m、円周は57.5m
 露出部の一番高いところが7.2mと書かれています。

正面下から撮影
石舞台下からP2193022

横から撮影
石舞台裏からP2193045

舞台の上に上がってみます。
舞台の上はとても広く、上にはまた石があります。わざわざ人間が上に上げたとは思いにくい。
子供のイシジンだったか?
石舞台上からP2193025


簡単に上げられる大きさではない
石舞台上の石1P2193028

横から見ると三つに割れています
石舞台上の石三つ割りP2193030

もう一つの石。今にも落ちそうだがうまく乗っている。
石舞台上の石2P2193029
石舞台上の石3P2193032

ここから更に山を上っていくとまた巨石がある。
和与石といわれています。
和与石看板P2193048

二つに割れているようですが、裏にもう一つあって三つの石でできていました。
和与石正面P2193050
和与石正面2P2193051

横から撮影
和与石横P2193072

八面山の案内図
八面山の案内P2193093

帰りに八面山山荘に寄って風呂に入って帰りました
八面山山荘P2193095

ここには野外音楽堂もあります
野外音楽堂P2193100


八面山にはまだまだ沢山の巨石があります。
またの機会に!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/42-2d26eb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。