Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/40-26b6164b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

登山記・冬の久住山(九重連山)

1/18 今年2回目の九重連山に登ってきました。
二日前には平地でも雪が積もったので、山の方はさぞかし綺麗だろう!!
朝4時に起きて4時半に自宅を出発。いつもの様に高速道路を通って由布院で降りる。
気温はー4℃、今回も湯布院には朝霧が発生か・・・と思っていたが、湯布院盆地には
明かりが見えていた。何故か???
由布院を通って水分峠に差し掛かると、いつもの様にそこは別世界。道路は凍結。
真っ暗な凍結した道路をひたすら長者原に向けて走る。
もちろん普通の日にこんな朝早くに凍結した道路を走っている車は自分の車だけ!
長者原付近でやっと1台すれ違っただけでした。

6時ごろ牧ノ戸登山口に到着。駐車場にはもう10台も車が停まっている。
自宅を出る時には月や星が見えていたのに、ここに着いたときにはもう見えない。
また曇りか!と思ったが準備をして登山を開始。まだ暗いのでライトを照らしての
登山となった。途中、ダイヤモンドダスト・・・が見られてた。実際に見たのは初
めて。これだけでも来た甲斐があったというもの。

沓掛山を越えて登山道を進むが一向に晴れる様子はない。今日も撃沈か!
久住別れの避難所にさしかかった時、次第に晴れるみたいだったので、避難小屋で
一休みしようと思ったが、休まず一気に山頂へ登る。
しかし、ここら辺は気温はマイナス10℃、風速15mぐらいの風が吹いていて
、周りの雪を吹き散らしてとても寒い。耳が痛いが、準備していたネックウォーマー
と毛糸の帽子で耳を保護しながら少しづつ登っていく。
久住山山頂ではこの強い風のため、手袋を取って写真を撮影するのは1回に30秒が
限界でしたので何回も撮影しました。そこから稲星山へ行こうと人の通った跡のない
登山道へ向かったが積雪のため1mぐらいスポット埋まったので引き返した。ここで
雪の芸術品(雪の波と名づけた)を見ることができた。
危険なので前回と同じルートで天狗ケ城山頂へ。避難小屋で昼食を済ませて下山。
午後2時無事に登山口に到着。ホテルの温泉に入りながら九重の山々を眺めて大満足
の一日でした。

登山口付近の登り階段ですが雪でこんな感じ・・・・帰りに撮影
登山口付近CIMG0320

牧ノ戸展望所・・・帰りに撮影
牧ノ戸展望所CIMG0314

沓掛山から見える久住山への登山道
沓掛山からCIMG0297

霧氷
霧氷CIMG0023

やっと避難小屋に到着。久住分かれの避難小屋前から見えた久住山
非難小屋前から久住山CIMG0177

風速15mの強風にさらされ耳の痛いのを堪えてやっと久住山山頂に到着。
久住山山頂P1182819

手袋をとって撮影するが30秒が限界。右回りで見ていきましょう!

久住山山頂から九重花公園の方向、遠望に祖母山系が見える
久住山山頂から祖母系P1182856

肥前ケ城と久住山の間の谷間
久住山山頂から肥前ケ城方面P1182835

肥前ケ城です
久住山山頂から肥前ケ城P1182834

星生崎と登ってきた登山道、避難小屋が小さく見えます
久住山山頂から星生崎P1182847

天狗ケ城とその右に、雲に覆われた三俣山の山頂が見えます
久住山山頂から三俣?天狗ケ城P1182833

左に天狗ケ城、右に中岳、後ろに大船山
久住山山頂から天狗ケ城ー中岳P1182821

望遠で天狗ケ城の山頂
久住山山頂から天狗ケ城P1182875

望遠で中岳山頂
久住山山頂から中岳P1182877



久住山を早々に引き上げ、稲星山へ行こうと前回とは違うルートにしたところ、
こんな雪の芸術品に遭遇。
アト君たちが見て欲しい!って言ってるみたいでした。

ちなみにアト君とは意思を持っている原子のことです。そうです、
すべての原子には意思があるのです!

地球の謎解き?【原子とニウの物語のH/Pをご覧ください!!

雪の波
a雪の波久住山-稲星CIMG0072
雪の波
a雪の波久住山-稲星CIMG0074


形を壊すのは気が引けたが進んでいると雪の中に1mほど埋まりこんだので、元の
ルートに引き返した。そして天狗ケ城を目指す。

途中からの眺め、綺麗な二つの稜線です。
久住山?天狗ケ城途中から鞍部CIMG0094

天狗ケ城への急坂の途中から御池を見下ろす
天狗ケ城途中からの御池CIMG0099

雪に埋もれた急坂の登山道を登って天狗ケ城の山頂に到着
天狗ケ城山頂P1182913

天狗ケ城の山頂も強い風が吹いている。写真撮影はとてもつらい!
また360度ぐるりと見てみましょう!

稲星山
天狗ケ城山頂から稲星山P1182951

天狗ケ城山頂から見える御池とその周辺
天狗ケ城山頂から御池P1182954

御池のアップ
天狗ケ城山頂から御池アップP1182973

天狗ケ城山頂から見える久住山。今日はとても綺麗に見えますね!
天狗ケ城山頂から久住山P1182953

その少し右。久住山?肥前ケ城?星生崎です。よく晴れてよかった!
天狗ケ城山頂から久住山肥前ケ城P1182968

天狗ケ城山頂から見える星生崎?星生山
天狗ケ城山頂から肥前ケ城星生山P1182962

天狗ケ城山頂から見える三俣山
天狗ケ城山頂から三俣山P1182966

天狗ケ城山頂から見える大船山
天狗ケ城山頂から大船山P1182971

天狗ケ城山頂から見える中岳
天狗ケ城山頂から中岳P1182960

天狗ケ城山頂から見える中岳?稲星山・・・・これで1周。
天狗ケ城山頂から中岳?稲星P1182952

ここから中岳への登山道を下ろうと思ったが、積雪のためルートが確保できていない
ので、あきらめて今来た登山道を通って下山する。
お腹もすいたので避難小屋で昼食としよう!下山途中もコンパクトカメラで撮影。

三俣山
下山途中からの三俣山CIMG0149

星生崎
下山途中からの星生崎CIMG0150

星生山。避難小屋が近づいてきた。
下山途中からの星生山CIMG0178

避難小屋前でまた雪の波を見つけた。今度はローアングルで久住山とコラボ。
雪の波と久住山P1182981


避難小屋に到着。ザックをおろし中からガスやコンロ、鍋を取り出し、水を入れて
お湯を沸かす。今日は大好きなサッポロ一番味噌ラーメンとおにぎり、紅茶だ。
ここでおにぎりを取り出すと、何とカチカチに凍っていた。いや?まいった。
しかしカップメンに入れて食べればok!! お腹も満腹になりもって来たペットボトル
のお茶を飲もうと思ったら、また何とコチコチに凍っていた。
  教訓・・・・1.おにぎりや弁当は保温剤でくるんで持ってくる事
        2.ペットボトルも保温剤でくるんで持ってくる事
          ※ペットボトルのお茶は少し飲んだものが凍っています。
           全然飲んでないものは凍っていない。少し飲んだものは
           空気層ができるので、歩くたびにお茶が揺れて冷たい空
           気と触れるため凍ったものと思える。
何事も経験。

今日の昼食。
昼食CIMG0171

12時30分。そろそろ牧ノ戸登山口まで下山しよう!
帰りに撮った写真です。
枝のツヅラCIMG0014

今日のベストショット:2枚

天狗ケ城からの久住山
大大天狗ケ城山頂から久住山P1182953

北千里ケ浜。硫黄山から吹き上がっている噴煙が、何か巨人の様に見えます
以前、実際に巨人が居たのです!
地球の謎解き ではそれをチャネリングで伝えています。
大北千里ケ浜P1183001



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/40-26b6164b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。