Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/39-e8eee8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

登山記・九重連山 

九重連山に今年(1月3日)初登山。
朝6時に自宅を出発。大分自動車道を走り湯布院インターで降りる。途中で
湯布院の朝霧に遭遇した。運転をしながらその朝霧を撮影した。インターを
降りて水分峠に行くと道路は凍結していて雪も積もっている。スタッドレスタ
イヤなのでそれほど心配はない。8時に長者原に到着。そこから牧ノ戸峠に
向かい8時30分に牧ノ戸登山口から登山開始。
今回の登山で登山靴とアイゼンを新調した。
上り始めてから階段は積雪のため、ただの坂道になっていてとても上りや
すい。上のガレ場も同じでただの坂道で、とても楽に上れる。ただし道をそ
れると脚がスッポリとはまってしまう。
今日の天気は曇り。山の姿はほとんど見えない。でも登山道の樹氷がとて
も綺麗だ。久住山の山頂から下りて、凍った御池で弁当でも食べようと行っ
てみたら、偶然にもソラが晴れてきたので急いで中岳の山頂を目指した。
山頂からの眺めは最高!!
本当に綺麗な山々になったイシカミを見ることができた。

大分自動車道を湯布院に向けて走行中、途中に由布岳が見える。
高速から由布岳CIMG0002 

この分だと湯布院は霧に包まれているだろうと、コンパクトカメラを事前に
準備。上りきったところから下り坂が続く。案の定湯布院の朝霧が見えて
きた。
高速から湯布院の朝霧CIMG0024 

湯布院インターを下りて水分け峠に向かう。ここからは別世界の様に
道路には雪が積もっている。
慎重に車を走らせる。曲がりくねった雪道を走ること30分。長者原に
到着。
長者原に到着CIMG0038 

長者原で休憩後、牧ノ戸登山口に8:00に到着。すでに二十台ぐらい
の車が駐車している。

牧ノ戸への道
牧ノ戸への道CIMG0039 

登山の準備。8:30に登山を開始。いつもの登山ゲートを通る。雪で階段
が見えず普通の坂道みたい。
牧ノ戸登山口CIMG0047 

少し上ると樹氷越しに駐車場が見える。とても綺麗だ!
牧ノ戸駐車場CIMG0055

もう少し上ると木製の階段がある。
登山道の階段CIMG0052 

階段を上りきると温度計があった。気温はマイナス10℃。しかし、もうすで
に汗ばんでいる。ここからは傾斜はゆるやか。

登山道は雪がいっぱい。
登山道CIMG0048
登山道CIMG0240 

登山道から見える樹氷。 もう暑くて防寒着を脱ぎ薄着で上っていく。
登山道の樹氷CIMG0089 

遠くに見える木々の樹氷。
登山道からの雪景色CIMG0059 

左に三俣山が見えてきた。

登山道から三俣山CIMG0073 

星生崎の下を通って下りていくと避難小屋に到着。ここからは久住山が
目の前に見えるはずだがまったく見えず。ここで一休みして行こうと、お
菓子を食べながら水分補給。
ガスの中の避難小屋CIMG0116 

避難小屋を出て久住分かれから久住山山頂を目指す。途中で一瞬
久住山が見えたので撮影。

一瞬見えた久住山CIMG0134 

久住山の山頂です。ガスっていて何も見えません。仕方がないので
下山する。牧ノ戸へ戻ろうか、御池へ行ってみようかと迷ったあげく
御池に行くことにした。
久住山山頂CIMG0144 

御池に到着。お?スゴイ! 池全体が凍っている。そうとう厚く凍っている。
御池から避難小屋方面。
御池の氷上から避難小屋方面P1032728 

御池の中央から天狗ケ城を見る。
御池の氷上からP1032722 


凍った御池の中央に立つ
CIMG0174.jpg


御池で弁当を食べて下山する予定だったが、段々と晴れてきた。これ
なら中岳着に上ればいい景色だろうと、直ぐに中岳山頂を目指す。途中
から御池を振り返って撮影。
凍った御池CIMG0182 


もう少しで中岳。大分晴れてきた。
中岳CIMG0192 

九州本土最高峰の中岳山頂に到着。
中岳山頂P1032801 

中岳山頂からの景色です。すばらしい!!

稲星山
稲星山P1032745 

久住山
中岳山頂から久住山P1032741 

御池を中央に久住山、扇ケ鼻、天狗ケ城、星生山
中岳山頂からの山々P1032743 

中央に御池
御池P1032748 

御池のアップ。
御池アップP1032780 

中岳への登山道を見下ろす
中岳への登山道を見下ろすP1032807 

天狗ケ城と後方に星生山
中岳山頂から天狗ケ城と星生山P1032768 

望遠にて天狗がケ城
天狗ケ城CIMG0195 

望遠にて星生山

星生山山頂のアップP1032788 

三俣山
三俣山P1032762 

坊がつる
中岳山頂から坊がつるP1032758 

坊がつるのアップ

中岳山頂から坊がつるアップP1032757 

大船山
中岳山頂から大船山P1032738 

中岳山頂からの360度の眺望でした。1時間ぐらいでもうガスってきた
ので下山する。本当にタイミングよく九重の山々が見えました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/39-e8eee8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。