Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/27-b12e9c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

登山記・九重山系

5月30日、山岳会の新緑登山で、九重の扇ケ鼻・中岳・肥前ケ城にいってきました。
朝7時に出発したので、登山口の牧ノ戸峠の駐車場は当然満杯でした。よって、そこから
500m先に路上駐車となりました。
今回は男女合わせて8名で比較的楽なコースなので安心です。

リーダーが20kg以上の荷物を背負って先頭にたちます。みんなその後からゾロゾロと・・・
後から解った事ですが、背負っていたクーラーの中には、缶ビール・プリン・焼き鳥が
入っていた様で、中岳の頂上で美味しく頂きました。しかしこんな重い荷物を背負っていても
誰よりも早く登ってしまうので、本当にスゴイですね!決して若くは無いんですが。

来週が九重山系の山開きですが、深山霧島(ミヤマキリシマ)は、どの山の山頂にも咲いて
いませんでした。5月になっても寒いのが影響しているのでしょうか。
あと2?3週間はかかるようです。山一面のピンクが見られず大変残念な思いです。


コース:駐車場→牧ノ戸登山口(8:36)→沓掛山→扇ケ鼻(10:02)→久住分かれ
    →御池→中岳(11:22)→御池→肥前ケ城(13:10)→牧ノ戸登山口(14:31)

全工程:12.6km 6時間11分でした。

いつものコースです。振り返って沓掛山方面を写す。
沓掛山振り返りCIMG0013

去年ならミヤマキリシマでピンクになっているだろう!
遠くに三俣山CIMG0008

扇ケ鼻への分岐から約23分で山頂に到着
扇ケはなCIMG0027

扇ケ鼻山頂から久住高原を見下ろす。先端にミヤマキリシマが少し咲いている。
扇ケ鼻からCIMG0026

扇ケ鼻山頂からの久住山、左には今から登る中岳が見える。
扇ケ鼻から久住山CIMG0021

久住山のアップです
肥前が城から久住山P1012031


扇ケ鼻を下山して久住分かれから中岳への登山道へと進む。

中岳山頂からの御池
中岳から御池P1012026

中岳山頂は登山客で一杯でした。我々は少し外れたところで昼食をとりました。
今日はノリ弁当と味噌汁。リーダーから缶ビールもらって、一気に飲んだ。汗をかいた時のビールは
最高! 焼き鳥ももらった。みんなの分も持って上がって、大変だったと思います。
中岳山頂でみんなで記念撮影してから下山しました。

御池の横を通って久住別れに到着したら、同じ山岳会のメンバーに出会いました。
家族で登山をしている様でした。別れを告げて肥前ケ城へ。

肥前ケ城への途中に巨石があります。以前から下の登山道を通る度行ってみたいと思っていました。
ポツンと一個だけここにあります。ここから多くの登山客を見ている様に感じます。
丸い岩に見えましたが、見る方向によって色々な形になります。この写真では栗の形に見えました。
巨石1CIMG0048

別の方向から
巨石2CIMG0049

帰りの沓掛山付近で撮影したミヤマキリシマです。このくらいしか咲いていません。
巨石横のミヤマキリシマCIMG0003
ミヤマキリシマCIMG0056

これは中岳山頂のミヤマキリシマです。まだまだ蕾み状態でした。
中岳のミヤマキリシマP1012019

ルート
ru-to a

標高差
標高差a


ピンク一色の山頂を期待していきましたが、期待はずれでした。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/27-b12e9c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。