Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/12-b9efb930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大船山登山(九重連山)

10月16日、久しぶりに九重の大船山へ登山へ行ってきました。
天気に恵まれ、大船山からの紅葉も綺麗でした。
朝4:30に出発、長者原には5:40に到着。準備をして6:05に登山口を出発。
まだ少し暗いのでランプを点けての登山となりました。
全工程:17.3km(水平距離)、8時間36分。

コース:長者原→雨ケ池→坊がツル→大船山→法華院温泉→諏蛾守峠→長者原
  ルート

暗い中を雨ケ池までブナ林の中を少しづつ登っていく。途中少し紅葉しているのが見える。
  三俣山麓の紅葉CIMG0308

朝日に当たった三俣山も少し紅葉している。
  三俣山の紅葉CIMG0311

雨ケ池に到着。1時間5分かかった。もう霜が降りていて朝日に当たって光っている。
  雨ケ池CIMG0318

雨ケ池からは下りなので早い。35分で坊がツルに着いた。長者原から1時間40分。
6月来た時には2時間30分もかかってしまった。久しぶりの坊がつるである。

三俣山が綺麗である。
  坊がツルからの三俣山CIMG0435

中岳や一連の山々も朝日を浴びて綺麗である。ここでドラ焼きを食べて、水分を補給をした。
写真を撮るのに少し休んだので、さあ出発。
  坊がツルから中岳P1010991

キャンプ場を過ぎて、遠くに大船山が見える。かなり遠いな!初めての大船山なのでワクワクする。
  坊がツルからの大船山CIMG0434

大船山」と平治岳の分岐点に到着。大船山の方へ曲がる。ここからは上り勾配がつづく。
  大船山標識CIMG0333

しばらく登ると、見晴らしのいい所に出た。何と素晴らしい眺めか!!
大船山の山頂からの眺めはもっといいだろう。
  登山途中からの九重連山P1011008

中岳方向も素晴らしい! 
  登山途中からの九重連山P1011010

三俣山方向もとても素晴らしい!!
  登山途中からの三俣山P1011011

大船山の山頂が見え出したが、まだそうとうに遠い。急な勾配ではないが脚が重く感じる。
自分の前後には全く人の気配はない。静かである。一人登山はやっぱりいい!
まだかまだかと思って登っていると、少し明るくなった。段原の到着。景色の良さに思わず
ウットリ! 写真を撮らなきゃ!

段原から遠くに阿蘇山が見える。
  段原からの阿蘇山P1011032
  段原からP1011025

段原から中岳、天狗ケ城、星生山などが見える。
  段原からの九重連山P1011030

目的の大船山山頂が見える。あと一息だ!
  段原からの大船山CIMG0425

しばらく平坦な登山道を早足で駆けていき、急斜面を登っていく。途中大きな岩が見える。
下を見ると絶壁!!どんどん登っていく。さあ最後の岩場に脚をかけ、山頂に到着。
結構広いではないかと思った!顔を上げると絶景である。360度の大パノラマだ。
う?ん すごいなあ。何も邪魔するものがないから本当のいい眺めだ!
 大船山/平冶岳分岐点から1時間34分かかった。時刻は9時46分。

360度見渡す。北の方向から右回りに見る。遠くに由布岳、鶴見岳が見える。下には段原、米窪。
そして右下の方に御池の紅葉、インターネットで見た通りだ。そして別ルートの登山道が見える。
本当は岳麓寺の方から登ってくるはずだった。すこし右には遠くに根子岳、阿蘇の中岳。次に九重
の山々が見えてくる。稲星山、中岳、天狗ケ城、久住山、星生山、硫黄山、三俣山、全部見える。
それでは大船山山頂からの眺めです。

大船山山頂です。
  大船山山頂CIMG0402

段原が見えます。左側から登ってきました。右側の窪みが米窪。後ろの方には平治岳が見える。
  大船山山頂から段原その2P1011047   
  
大船山山頂からCIMG0383

北側遠景、由布岳が見える。
  大船山山頂からの由布岳CIMG0375

山頂のすぐ下に御池が見える。紅葉がとても綺麗だ!頂上から降りていって御池の写真を
撮ろうとしたが、淵に下りようと木の枝を摑まえた瞬間、枝が折れて危うく、転げ落ちそうに
なった。チョット不気味なので直ぐに上に上がった。
  大船山山頂から御池の紅葉CIMG0414
  御池の紅葉CIMG0418

づっと右側を見ると、遠くに阿蘇山が見えてくる。
  大船山山頂から阿蘇山CIMG0410

そして稲星山が見える。
  大船山山頂から稲星山CIMG0411

九重の山々。
  大船山山頂から九重連山P1011050

最後に三俣山と坊がツル、まるで絵に描いたようだ!
  大船山山頂からの坊がツルCIMG0381

ここで、おにぎりを2個食べて、1時間ほど休憩。10時42分に下山する。
12時14分に大船山/平冶岳分岐点に到着。坊がツルで少し休憩することにする。
下山するのにも1時間32分もかかった。ラーメンを食べようかとも思ったが、12時を
過ぎていたので、直ぐに出発。法華院温泉山荘を通って、スガモリ越えの予定だ。

法華院温泉山荘に到着。
  法華院温泉山荘CIMG0444
  法華院温泉山荘CIMG0446

温泉に入りたかったが、時間がないのですぐ諏蛾守峠に向かう。
法華院温泉山荘を後に!
  諏蛾守越へ出発CIMG0448

もう随分歩いたので、脚もクタクタである。少しきつい勾配が登る速度を遅くする。

少し登った所から大船山を見る。
  諏蛾守越途中から大船山CIMG0453

砂防ダムを横目に少しづつ登っていく。よく見かける写真と同じだ。
  諏蛾守越途中から平治岳CIMG0456

もう少しで北千里ケ浜だ。
  諏蛾守越途中CIMG0458

北千里ケ浜に到着。しばらくは平坦な道が続く。正面に噴煙が見える。
  北千里浜へCIMG0461

初めての北千里ケ浜を歩く。
  北千里ケ浜CIMG0470

平坦で楽な道なのでどんどん進んでいく。左右には噴火したの形跡がのこる岩山が続く。
ふと、どこが諏蛾守峠か? このまま進めば久住別れに出てしまう。
ここでGPSで登山道を確認した。やはり行き過ぎていた。引き返すと、諏蛾守の標識があった。
また登るのか!・・・・と思った。
北千里浜から硫黄山と星生山CIMG0482

諏蛾守峠から今来た北千里ケ浜を見下ろす。
  諏蛾守峠から北千里浜CIMG0485

峠の頂上に到着。三俣山への登山口があり、反対側には諏蛾守小屋があり、鐘がかかって
いた。ここで少し休憩。
  三俣山登山口CIMG0487

諏蛾守小屋の鐘
  諏蛾守小屋の鐘CIMG0489

さあ、出発。後は下り坂ばかり。諏蛾守峠を下る。途中で硫黄山の噴煙をが見える。
  諏蛾守峠下りからCIMG0497

先の方に車道が見える。補修用の道路であろう。一般車は通れない。
間違えて、この道をひたすら長者原目指して歩いてしまった。ちゃんとGPSを見ていたら、
近道があったのに!

遥か向こうに長者原が見える。
  長者原へ下山途中CIMG0511

下山途中からの三俣山
  長者原への下山途中CIMG0515

やっと、長者原の駐車場に到着した。時刻は14時41分。8時間36分かかった。
高低差

長い道のりであったが、久しぶりの坊がツル、そして絶景を見せてくれた大船山、
北千里ケ浜と見所一杯の登山であったが、法華院温泉に入れなかったのが残念であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishikami.blog66.fc2.com/tb.php/12-b9efb930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。