Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾部市

今回は京都府綾部市の志賀郷に行ってきました。九州自動車道から山陽道に入り、姫路で一泊。
夕方5時近くに姫路に到着。まだ明るいので姫路城に行くことにした。行ってみると天守閣は
見えず、大きな建物に囲まれていた。あとで解ったのだが、瓦の補修だった。それにしても
大がかりな工事の様でした。建物に入るとエレバーターで7階の天守閣最上部の屋根瓦の補修
場所に行き、そこからまた下りてくるという見学経路でした。次の日の朝、綾部市に向かう。
志賀郷には”シガサトの七不思議”という奇跡が今も尚言い伝えられています。

詳細は”地球の謎解き/ソラからの伝言”のH/Pのヤマタイコク物語に書かれています。
  http://sora.ishikami.jp/stories/yamataikoku.html

以下、抜粋
それが【シガサトの7不思議】と呼ばれる奇跡です。
(注*京都府綾部市志賀郷に伝わる七不思議)

1)白藤(藤波神社の藤は正月に白藤が咲いた)
2)白萩(若宮神社=山彦が祭られる?神社の萩を白くした)
3)ゆるぎ松(山彦達が逃げて行った所の松が風も無いのに揺れる)
4)しずく松(同じく山彦が逃げていった場所の松が雨が降らないのにしずくが落ちる)
5)タケノコさん(竹の子の出る季節でもない2月4日に竹の子が出てきた)
6)みょうがさん(みょうがの出る季節でもない2月3日に芽が出てきた)
7)ご用柿(秋に赤くならないでお正月に赤くなる。御用、御用と追っ手がきて恐怖の為に
  柿が青いままだったから)又、大男の山嵐が夜中に悪い事をする伝説は、ヤマトが大き
  な山彦の子孫を悪者に仕立てあげ伝えさせたのです。その子孫が源義経であり山彦の
  子孫になります。
今回は”ゆるぎ松”と”しずく松”のところに行ってきました。
次の日、明石の五色塚古墳と生石神社に寄って帰りました。


5姫路城の堀
姫路城の堀

4姫路城最初の門
最初の門です

6菱の門
菱の門

20隠れた天守閣
この様に天守閣はスッポリと建物に覆われていました。

9天守閣から姫路駅方面
建物の最上階から姫路市内を見る。正面が姫路駅。

10天守閣の瓦替
天守閣の最上部の屋根で、瓦は取り外されていた。普通だったらこんな所から見ることは
できない。

10天守閣の下
その下


綾部市 志賀郷の”ゆるぎ松”と”しずく松”

27志賀郷 森改
”ゆるぎ松”と”しずく松”の遺跡ははこの山の中にあった。

23ゆるぎ松
ゆるぎ松はこの小高いところにあったらしい。もちろん今は植え替えられているはず。

25ゆるぎ松アップ
松の横に小さな石があるが、この石に意味があるようです。写真を見ていると白い二つの丸は
まるで目玉の様に見える。


22しずく松
しずく松。ここにも石が存在します。


五色塚古墳です。
28五色塚古墳下から
30五色塚古墳 上から
32五色塚古墳最上段から



生石神社の水に浮いている様な大きな石です。下の写真の山からここに動いてきました。
34生石神社 テレビ後ろ
33生石神社 浮く石
37石が動いてきた山
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。