Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石橋の町

大分県宇佐市の院内町には多くの石橋があります。
その中で最も大きく、綺麗な鳥居橋に行ってきました。
写真を撮っていると、ガイドさんの様な方がこの橋のスゴサを語ってくれました。

鳥居橋 ←クリック
この様に紹介されています。
 石橋の貴婦人と言われて大変美しい姿をしている。
 昭和26年10月の”ルース台風”で水かさ12Mを越え、町内242戸の家屋が全壊流失したり、
 豊州鉄道の第 2駅館川橋架までも流失したにもかかわらず鳥居橋は悠々と残った。それは地盤や
 水流に応じた設計でそれぞれの 橋の厚みが異なり5つのアーチも経間がまちまちだったのである。
 改めて石橋の強さを教えられる話である。
  ・形式:5連石造アーチ
  ・橋長:55.15m
  ・橋高:14.05m
  ・完成:大正5年(1916年)
※鳥居橋の掲示板には平成9年9月16日の台風で増水した時の写真が掲示されています。
 よく耐えたものです。
 ガイドさん曰く”橋脚の上流側の先端は船の先端の様に尖っていて水の抵抗を少なくする
         様に設計されている”

石橋を保存するためにこの橋の横に大きな橋ができていますが、そこから撮影しました。
橋脚の細さがよくわかります。
正面1CIMG0016

五連のアーチが大変綺麗ですね! 橋脚のスパンはみんな違う・・・との事です。
 正面横CIMG0031

反対側から撮影。こちら側には、この鳥居橋を腰掛けて見れる様に、屋根つきのテーブルと腰掛け
が設置されていましたが、平成9年の台風の時の増水で流れてしまいました。
 公園P1011213

川に下りて撮影。橋脚の先端が尖っているのがわかります。
 川からP1011214

国道側の竹藪から撮影。
 竹2P1011265
 竹P1011256

駐車場にある掲示板。平成9年の増水した時の写真が掲示されています。
また、ここには石橋巡りの案内図もありました。
 掲示板CIMG0034
 石橋巡りCIMG0025

院内 道の駅の近くにある荒瀬橋です。
 荒瀬橋P1011281
 看板P1011291

荒瀬橋の上から下流を撮影
 下流P1011294



院内町石橋MAP ←クリック
 驚きです。こんなによく造れてものだと関心します。
 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。