Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九重連山(久住・中岳・星生山)

9/5 6月から3回目の久住山に登ってきました。天気に恵まれ、やっと九重のイシカミさん
達が歓迎してくれた気がした。前回はガスの為何も見えなかったのでほぼ同じコースとした。
朝4時に自宅を出発、牧ノ戸登山口には5時45分頃到着。途中、安心院の山の中で2匹の
野兎と野生の鹿を2回も見る事ができた。こんな所に野生の鹿がいるんだと驚いた。
 コース:牧ノ戸登山口→沓掛山→扇ケ鼻分れ→星生山分れ→久住分れ→久住山
      →天狗ケ城→中岳→御池→久住分れ→星生崎→星生山→牧ノ戸登山口

天気がいいとやはり九重連山は最高!! 今回は星生山に登ったので、硫黄山の煙の
出ているのが良くわかったし、三俣山も最高に綺麗だった。次回は三俣山か大船山に
しようか・・・・と思っている。

 登山ルート:全工程 13.5km(水平距離) 7時間51分
  登山ルート

 6時2分に登山口を出発。いつもの様にコンクリートの階段の様な登山道を登っていく、最初の
 登りは少しきついが、途中の展望台から朝の由布岳を見て元気をもらう。
  登山途中 朝の由布岳P1010808

 もう少し登っていくと、遠くに阿蘇五岳と左横に根子岳を見る事ができた。前回は視界0で あった。
  沓掛山から阿蘇五岳P1010809

 星生山への分岐点から星生山を望む。下山する時、体力に余力があれば久住分れから
 星生山へ登り、ここから降りてくるはずだ。
   星生山下山道CIMG0025

 久住別れの避難小屋にあるトイレは故障中であった。ここから久住山の写真を撮ろうとしたが、
 少しガスって中々撮れない。帰りにでも撮ろう。ここから中岳を目指す。どんどん登っていくと、
 道を間違えた様で、久住山の方へ登っていたのに気付いた。先に久住山の登ろう!

 8時17分に久住山の山頂に到着。前回とは大違い。久住山のイシカミさんも一緒に見ている
 ことだろう。いい眺めだ!! 持って来たドラ焼きを食べながら写真撮影開始。
 
  まずは、久住山山頂からの眺めです。
  避難小屋が小さく見えます。手前が星生崎で、奥の山が星生山。帰りにこの急斜面を
  登って、向こうの星生山までいける体力が残っていればいいが!
   久住山山頂から避難小屋P1010829
  
  次が硫黄山。煙が出ています。
   久住山山頂から硫黄山CIMG0037
  
  そして、硫黄山の右に見えるのが三俣山です。山頂が三つに分かれている様ですが、
  実際は五つの峰があるとか・・・かっこいいステキなイシカミさんです。
   久住山山頂から三俣山P1010855
 
  その右にカメラを向けて見えるのが天狗ケ城(山と言わない何故か)。これから登ります。
  簡単に撮れた訳ではないのです。かなりガスっていて、しばらくシャッターチャンスを待ちました。
   久住山山頂より三俣山と天狗ケ城CIMG0036
  
   忘れるところでしたが、山頂の反対側(熊本側)の谷底に虹が出ていました。
   谷底の虹P1010838

   さあ、中岳・天狗ケ城を目指して下山だ。下りは楽。御池と天狗ケ城への分れに着き、
   急斜面を見上げる。前回も登ったので大丈夫。10分ほどで山頂に到着。案外楽に登れた。
   登りの途中からも御池がよく見える。池の遠望に稲星山が見える。

CIMG0056.jpg


   天狗ケ城山頂から見える御池。この御池の先端の方に前回来た時に作ったストーン
   サークルがある。後でどうなっているか見てみよう!
   天狗ケ城から御池P1010874

   天狗ケ城から今降りてきた久住山を見る。
   天狗ケ城から久住山P1010877

  ここから、九重夢大吊橋が遠くの方に見えた。
   天狗ケ城からの夢の大吊橋P1010846

  さあ、次は九州本土最高峰の中岳に行こう!! 急斜面を下って、また急斜面を登る。
   中岳へP1010887


  そんなにきつくはない。15分くらいで中岳山頂に到着。かなりガスってきた。
  山頂から眼下に”坊がつる”見える。キャンプをしているのだろう、テントが見える。
  雲が眼下に広がって、中々シャッターがきれない。しばらく待つ事にする。

  やっと少し雲がどいたので急いでシャッターをきった。曇に少し隠れている山が平治岳。
  6月にミヤマキリシマを見に登った。大船山を見たかったが雲の中。残念!
  中岳から坊がつるP1010897

  写真を撮るのに時間がかかったので、直ぐ下山。御池の方に下りて、ストーンサークルが
  どうなっているか確かめよう!

  御池から中岳山頂を望む。
  御池から中岳CIMG0068

  御池から天狗ケ城を望む
  御池から天狗ケ城CIMG0074


  少し歩いて、ストーンサークルを作った場所に到着。う?ん、やっぱりそのままだ!!
  真ん中の石の横に草花が大きくなっていた。まだ花は咲いていない。
  ストーンサークルP1010898

  ストーンサークルも確認できたので、いざ出発。今日は忙しい。まだ10時30分。
  お腹もすかないし、体力も有り余っているので、星生山も目指そう!
  そこの山頂で昼食にしよう?っと。一人は自由でいい。一人といっても登山しているグループ
  は多いんですよ!同じグループに何度も会います。何度もこんにちわ・・・・って言います。
  それも楽しい。けして一人ではないのです。何と言ってもイシカミさんが見ているからね!
  と言いながら、久住分れに到着。

  さあ、星生崎の急斜面に初挑戦。上から下りてくる人と出会う。お互い声を掛け合う。
  どんどん登っていく。避難小屋が小さく見えてくる。久住山もきれいに見えている。
  座り込んで写真を撮った。
  星生崎から久住山P1010903

  星生崎は巨石が沢山あり、どこが道かよくわからないが、まあ進もう!何か岩のピラミッド
  みたいなのが見えてきた。どこを通るのだろう!その先に星生山への登山道が見える。

  後からわかったが、左にある穴の様な暗い所が登山道である。注目です。
  星生崎の巨石CIMG0082
  
  星生山への登山道
  星生崎から星生山への登山道CIMG0083

  石の門です。ここをくぐります。しかしよく見て下さい。先は断崖絶壁なんです。
  行き止まりかと思いきや、2mくらい下に細い道がありました。ここから星生山へ行きます。
  こういう岩は色んな所にあります。何か意味があるのです。
  ソラ出版の地球物語を読むと世界中の色んな岩の もつ意味がわかります。
   
星生崎の石の門CIMG0084
   石の門2CIMG0086

  星生山への途中から硫黄山を眺める。ふ?んこういう風になっているのか・・・
  火山ガスのために硫黄山下の北千里浜は通れない・・・・・久住分れからは下山禁止
  となっていた。初めて見た。やはり星生山へ登ってよかった。
  星生崎から硫黄山P1010913

  私の好きな三俣山とよく合っている。
   星生崎から硫黄山と三俣山P1010914

  三俣山に平らな所があるのが見える。早く登ってみたいな!
   星生山から三俣山P1010928

  星生山に到着。11時50分。いちいちノートに時刻を書きとめているわけではないが、
  GPSの記録を見て書いています。ここで記念撮影をして、昼食にしよう!
  もう午後4時ごろに思えるが、ちょうど正午なんです。
 
  星生山の山頂。右の方遠くに大船山が見える。
   星生山山頂CIMG0089

  星生山山頂から大船山を望む
   星生山山頂から大船山CIMG0092


  今日はインスタントラーメン(サッポロ一番味噌ラーメン)とコーヒー。いつものパターンです。
  今回は魚肉ソーセージ入れたが、お餅をもってこなかったのが残念。
  星生山に登ってきた御婦人が、コーヒーの香りがいいですね!・・・
   ラーメンCIMG0096
   コーヒーCIMG0097


  さあ、お腹もいっぱい。12時30分です。そろそろ帰りますか。朝予定していた道を通って
  下りていこう。途中ミヤマキリシマの木が沢山ある。これが長者原から見えるんだなと思い
  ながら下りていく。

    星生山から下りる時に久住山を撮影
    星生山下山 久住山P1010936


  草花の写真    
   草花1CIMG0017
   草花2CIMG0010
   草花3P1010919
   草花4P1010953

 星生山を下りて、ひたすら来た道を戻る。休まずに牧ノ戸登山口に到着。
 午後1時53分でした。今日は温泉に入らずに帰ろう!!
 野うさぎと鹿に出会え、天気もよく九重のイシカミさん達に出会えて嬉しかった。
 体力も徐々についてきた。あと三俣山や大船山、黒岳、etc 楽しみである。
 何れは日本アルプス!! いつか登りたい。
 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。