Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pizza

昨年の暮れに石窯の大掃除をして1年の感謝を込めてお鏡餅を!
いつも美味しいピザをありがとう!
さて2017年になって初めての火入れです。 徐々に温度を上げていって炉床420℃。
昨年買ったターブテントを張って準備完了。

20161230_140349-a.jpg

20170126_115837-b.jpg
  ターブテント、簡単に設置できます。

20170127_114139-c.jpg
 火入れです。徐々に温度を上げていきます。

20170126_125243.jpg
 まずは、じゃが明太のピザです。モッツアレラチーズの上にスライスしたジャガイモとペースト状の
 明太子、 マヨネースをかけて焼く。焼いた後にきざみ海苔をかけて出来上がり。モッチリ生地に
 ジャガイモの匂いと ちょっと塩味のきいた明太子がよく合う。とっても美味しい!!

20170126_123759.jpg
 次はツナ・コーンのピザです。自家製ピザソースを塗って、モッツアレラチーズの上にツナと
 コーンをのせて、 その上にスライスしたオニオンをのせてマヨネーズをかけて焼く。これも
 絶妙の美味しさ!!

20170126_130455.jpg
 次に4種のチーズピザ。モッツアレラチーズ、ゴルゴンゾーラ、マルミジャーノ・レジャーノ、
 カマンベールチーズです。ハチミツをかけていただきます。最高に美味しい!!

20170126_133619.jpg
 次に、ベーコンとキノコソースのピザです。今回初めて作りました。ピザソースを塗った方が
 いいかどうかハーフ&ハーフにしてみましたが、やっぱり塗った方がいいみたいです。

20170126_140759.jpg
 窯の温度を少し下げて、比較的高温でも焼ける骨付き鶏モモ肉の石窯焼きです。ハーブ焼きと
 カレー味を作ってみました。

20170126_142849.jpg
 次に、手羽餃子の石窯焼きです。手羽先の2本の骨を丁寧に抜き、そこに餃子の
 餡を詰めてステーキ皿に乗せてジャガイモと一緒に焼き上げました。

20170126_150200.jpg
 そして、温度も下がってきたので、豚のスペアリブの石窯焼きです。今回は漬けだれの中に
 舞茸を入れて肉質を柔らかくしています。

20170127_130241.jpg
 石窯料理では最後になる焼きリンゴです。リンゴの中をくり抜いて、バター、グラニュー糖、
 シナモンを入れアルミ箔で蓋をして耐熱容器に乗せて焼き上げます。

20170127_140257.jpg
 200℃一定で約1時間でこんな感じです。桃よりもずっと柔らかく、窯の中からは甘酸っぱい匂いと
 シナモンの香りがしてきます。

20170127_141136.jpg
 皮を取って上にバニラアイスをのせていただきます。とても美味しいです!

20161211_120616.jpg
 石窯料理ではないが、ビスケットケーキを作ってみました。牛乳に浸した
 ビスケットと生クリームでこの様に!

20161211_122032-a.jpg
 全体に生クリームを塗って6時間冷蔵庫へ

20161212_135656-c.jpg
 今回こんな感じでデコレーションしてみました。ビスケットは柔らかくて普通のケーキ
 と変わりません。美味しいな!

20161220_132817.jpg
 次にフルーツパフェを作ってみました。生クリームにバニラアイス、いちご・・・・・・・
 ちょっと甘すぎ・・・・・・・・・・無理!



スポンサーサイト

”ソラのピザ・パン工房”リニューアル

3月の初めにやっと重い腰を上げて”ソラのピザ・パン工房”をリニューアルしました。
構想に約2週間を費やし、以下の様に決定。
  1.”ソラのピザ・パン工房”の看板をピザ小屋の正面に取り付ける
     ※以前は右サイドに取り付けていたが、外したままになっていて、
       今回ソラ仲間さんが大勢来てくれたおかげ(?)で取り付ける事に
       しました。
  2.石窯の保温力をアップさせ、薪の熱効率を高める
     ※1番内側の第1層目が耐火レンガの層(熱を蓄積する)、2層目が断熱
       レンガの層(熱を逃げにくくする)であるが、ヒビ割れ等で熱効率がわる
       くなっていて、ピザを4枚ほど焼くと著しく窯の温度下がり始めて美味し
       いピザが焼けなくなっていたので、今回モルタルとレンガで第3層目の
       断熱層を設けることとした。
  3.工房のネームをプリントしたエプロンをつくる
     ※ピザ生地を成形する時、服が粉だらけになるのでやっぱりエプロンは
      必要で、いっその事工房の名前をプリントしたエプロンをつくろうと思った。
看板は以前から作っていたので取り付けるだけ、第3層目の断熱層の施工はやり方
はわかるが、技能が伴わないかも知れないのでちょっと不安。エプロンはネットで検索
していいのがあった。
さっそく作業開始だ!!と言っても土日しかできないのが辛い。

これがリニューアル前の石窯(小屋などは現在この時点からは随分変わっています)
完成 P1050157


まずは、厚いアルミホイルで2層目の断熱レンガを覆ってしまう。これは3層目の
モルタル・レンガ層と2層目の断熱レンガ層を接着させない為です。接着させて
しまうと膨張率の違いからヒビ割れが発生するからです。
20150329_121539.jpg

次にアルミホイルの上に7mmほどの樹脂の板を貼り付ける。
20150329_131412.jpg


そして、その上に金網を被せる。これはモルタルが割れにくくするためのものです。
20150329_163140.jpg

ここで迷ったのが3層目のレンガを何にするか?です。1番安い赤レンガにしたいが、
厚みが60mmあってアーチ状に積み上げるレンガの第1段目のかかりの寸法がと
れないのと全体的に重くなりすぎると思われるのでちょっと高めのドイツレンガに決定。
寸法:200×120×45  138円/個

石窯のベースのブロック厚みを増して3層目のレンガのかかりをつくる為に型枠を製作。
20150330_073815.jpg

型枠にモルタルを流し込み固まってしまうのを待って、レンガの1段目を施工。長手
方向の寸法がレンガの寸法の整数倍にならないので、レンガを切断する必要がある。
ちょっと面倒!!
20150330_153045.jpg


1段目が乾くのを待って2段3段と施工。両側3段目まで出来た。ちょっとレンガ積みも
慣れてきた。
20150404_163508.jpg

1番上のレンガはどうしたらいいか色々考えた結果、長手方向で約30mmほど切断して
短手方向に並べたらちょうどいいいいのでそうした。
20150412_080646.jpg

今度は正面。ここはレンガでは無理なんでモルタルで仕上げるしかないが、炎が出て
きて温度が1番熱くなるところなので普通のモルタルと耐火モルタルも混ぜて施工。
正面にもレンガを積んでちょっとだけ見栄えを良くした。両サイドもできればいいが素人
では中々難しいな!
20150412_152848.jpg

レンガの表面はモルタルで汚れているのでサンダーで削って綺麗にした。
20150418_155211.jpg

3層目の断熱層の施工はここで完成!! ちょっとは見られる様になったかな?
20150418_172036.jpg

次にエプロンです。
ネット通販でネームプリントしたエプロンを注文。色はでワイン、ブルー、レッドピンクの
3種類。プリントの型が1年間有効なんで数枚づつ注文した。字が少し小さかったけど
まあいいか!
P1010651.jpg

P1010654.jpg

最後は看板の取り付けです。
P1010662.jpg


”ソラのピザ・パン工房”のリニューアル完成!!
 ※もちろんこの工房はあくまでもプライベート用です。
 ※この石窯を構成している原子達にも意思があります。熱いのに耐えて美味しいピザ
  を作ってくれています。感謝です!
P1010671.jpg







続きを読む

Appendix

プロフィール

ワッキーストーン

Author:ワッキーストーン
原子は原子核とその周りの電子から構成されています。
そして、それぞれに意識があります。それは原子そのもの
に意識があるという事です。つまり石や山や草木にも意識
があるという事になります。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。